うつ病を治療する|ひとりはみんなのために

身体症状

鬱の治療をするときには、症状について知っておくことが大切です。うつ病には、いろいろな症状を見ることがあります。精神的にも症状が出ますが、身体にも症状が起きます。現れる症状の1つとして疲労感があります。疲労感は何もしていないに、ひどい疲れを感じることや身体が重くて倦怠感を感じて動くことが苦痛な時があります。
運動機能では、身体の動きがスムーズに行かなくなることや何をするのにも時間がかかることなどがあります。また、口数が減ることや声が小さくなることもあります。そういった症状とは、逆に、じっとしていられないことや激しく体を動かすことやよくしゃべりだすことなどもうつ病の症状です。睡眠などにも影響し、寝付けないことや途中で起きてしまうことなどの睡眠障害もあります。

食欲に関しても症状がでることがあり、食欲が出ないことや逆に食べ過ぎて、その後に吐いてしまうなどのこともあります。また、過剰に甘いものを欲することも症状として現れます。これらの症状が見られる時には、医師に相談をして早期治療を行なうことが大切です。

うつ病には仮面うつ病があります。通常うつ病は精神症状と身体症状の二つが現れます。しかし、そうでない時もあり、精神症状があまり見られなく、身体症状だけが現れることもあります。そういった状態を仮面うつ病といいます。
自覚症状がないので、検査をしても原因が見つからないことがあるので、発見が遅れることがあります。発見したときには、深刻な状態になっていることもあるので、早く受診して治療を始めることが大切になります。