うつ病を治療する|ひとりはみんなのために

新型うつ

最近では、いろいろなうつ病があります。その中でも有名なうつ病で新型うつ病があります。都市部を中心として、今までとは違う症状をもっているのが新型うつ病になります。この新型うつは、多くの若者がなっており、うつ病全体の半分近くまで発症しています。これまでのうつ症状と違うので、適切な治療を行なうことが大切になります。

従来のうつ症状では、気持ちの落ち込みや意欲、食欲、集中力などの低下や不眠症などの症状がありました。鬱になりやすい真面目で頑張り屋などの正確をしている人がなっていました。しかし、新型うつの場合、典型的なうつとは違った性質をもっています。性質では、仕事や勉強などの嫌なことをする時には、従来のうつ症状がでます。しかし、何か楽しいことや望ましいことがあると気持ちが高ぶってきます。楽しい気持ちになることで症状が抑えられます。また、従来のうつ病では、朝になるとうつ症状が出て、夕方には、症状が落ち着きますが、新型うつの場合は、朝が比較的気持ちが落ち着いており、夕方なるに連れて体調が悪くなることがあります。また、過食症や過眠傾向などの症状を見ることができます。

新型うつ病になる人は、人格形成が未熟であることや自己愛が強いので、うつ病を環境などのせいにすると思っていることがおおくあります。また、症状が悪化すると他人に激しい言動を言うこともあり、傷つけてしまうこともあります。
こういった症状が見られる時には、適切な病院やクリニックで治療をうけることが大切になります。医師に診察をしてもらうことで原因や症状を見て、適切な治療を行ってくれます。また、乱れてしまった生活習慣などを改善することが必要になります。段階に応じた対応が必要になるので、周囲にいる人がしっかりとサポートすることが大切になります。