うつ病を治療する|ひとりはみんなのために

女性が体験する

女性の中で出産の経験をした人の一割が産後うつ病にかかると言われています。マタニティーブルーとも言われ、出産後のホルモンバランスが乱れることや急激な環境の変化などが原因です。誰でもなる可能性があるので、正しく理解しておくことで適切な対処を行なうことができます。

出産後には、ホルモンバランスが急に乱れることや環境が激変することで産後うつが発症されます。ホルモンは産後1週間から2週間で妊娠の前に戻ります。精神的にも落ち着きますが、うつ病の症状が出た時には、適切な処置を行なうことが大切になります。適切な処置をせずに、長期間うつ病の症状が続くと長引かせてしまう可能性があります。

産後うつ病は、出産した女性で100人中10人から15人が経験しているデータがでています。それくらいよくなる病気であり、誰でも掛かる可能性があるうつ病です。
出産は、女性にとって負担の大きな行為です。それにくわえて、ホルモンのバランスが激変する身体的な原因の他にも、初めての出産や高齢出産などであると精神的な不可がかかります。そして出産後には、育児が始まります。初めての育児は、とてもむずかしく、睡眠もしっかり取れない状態が長く続くこともあるので、身体や精神的にも不調が出ることがあります。

産後うつ病になった時には、しっかりとパートナーと育児をすることが大切になります。パートナーが仕事をしている時には、赤ちゃんと二人きりになりますが、こういった状況が続くと産後うつになりやすいので、家族などと一緒に暮らすことが必要です。また、産後うつ病を治療する時には、適切な病院を受診することが大切です。適切な治療を行なうことができるので、ゆっくりと改善することが可能です。また、治療を始める時には、うつ病のことをしっかりと相談することで治療を助けてもらうことができます。