うつ病を治療する|ひとりはみんなのために

原因を知る

うつ病の治療をするときには、しっかりと原因を知っておくことが大切になります。原因は、1つだけでなく、複数の原因がからみ合ってうつ症状を発症するといわれています。うつ病は遺伝的な要因もありますが、うつ病にかかりやすい正確もあります。

うつ症状になる原因は、明確にされていません。しかし、様々な研究から1つの原因だけでなく、複数の原因が関係していることがわかっています。特にうつ病になりやす遺伝的な要因やストレスをためやすい真面目で几帳面な正確な人などがいます。こういった生物的要因や心理的要因がベースとなっており、外的ストレスなどの環境要因などが影響してうつの症状を発祥させることになっています。ただ、同じような性格や気質を持っていて、同じよなストレスを感じていても、全ての人がうつ病にかかる病気ではありません。うつ病には、なりやすい人となりにくい人がいます。そういった状態を見て適切な治療を行うことが必要になります。

鬱になりやすい人は、性格や気質などが特徴があります。真面目で几帳面な人は、うつ病にかかりやすいです。また、最近では、新型うつ病もあり、発達が未熟な人が多くいます。どちらにしても、こうしないといけないなどの気持ちが強すぎると心身のバランスを崩してしまい、うつ病を発祥させることになります。

循環気質をもっている人は、双極性うつ病になる可能性が高くなります。双極性うつ病は、とても元気が合ってなんでもできると信じ込んでいる状態とうつ症状の二つの気分の波があります。社交性があって親しみやすい性格の人がなりやすいうつ病の1つです。しっかりと治療を行なうことで少しずつ症状を和らげることができます。